スポンサードリンク

釣り針の選び方

非常に多くの釣針の種類があります。
釣針の販売方法は大きく分けて3種類です。

1.釣針そのもの

2.糸付きの釣針

3.仕掛けの出来上がったもの


●釣針について
釣針の選び方の基本は、魚の口の大きさと使用するエサの特徴から選らんでいきます。

場合によって、その強度も視野に入れます。

当然、狙う魚の口より釣針が大きい場合は釣れませんよね?
魚の口より小さい釣針を選びます。

そして、釣りエサの特徴によって形状を考えます。

たとえば、ネリエサを使用する場合は、ネリエサを丸めて使用しますから、丸い針を選びます。

カレイなど、虫エサを使用しかつエサを丸呑みするような魚を狙う場合は、軸の長い針を選びます。

針だけを購入する場合、針と釣り糸の結び方を覚える必用があります。

最近は針結び機などもあります。

でも、自分で結べた方が何かと便利です。

ちなみに、針に結ぶ糸をハリスといいます。
それに対し、リールに巻き込む糸を道糸といいます。


●糸付きの釣針について
糸付きの釣針は非常に便利です。
釣針に糸を結ばなくていいからです。

しかし、自分が使いたい太さの糸が結ばれているか?

結ばれている糸の長さは自分の釣りに合っているか?
を確認する必要があります。

細い糸が結ばれていて、魚を釣り上げた瞬間に!”プチッ!”って切れたら悲しいですよね?

また、目のいい魚を釣りたいのに太い糸が結ばれていたら釣果が落ちてしまいますよね?

程よい号数の糸が使用されているかを確認しましょう。


●仕掛けの出来上がったもの
楽ちんです。

サビキなんてベテランでも自分で仕掛けを作る人は稀です。
みんな市販品を買います。

その他、キスやカレイ釣りの2〜3本針の仕掛けや、メバルの仕掛けなどユーザーが使いやすいようにしたものが市販されています。

だんだん慣れてくると市販品では満足行かなくなります。

最初は市販品の利用でも問題ないと思います。

釣針のサイズに注意し、大きすぎない物を選びましょう。


posted by ラテスJP at 08:20 | 基本的な釣具
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。